Questions You Should Avoid Asking a Job Applicant

Questions You Should Avoid Asking a Job Applicant

優秀な人材を採用しようとする際に、最大の妨げとなるのは、面接時の質問内容かもしれません。採用担当者がよく尋ねる質問の多くは、候補者の能力を見極めるのに役に立たないことがほとんどで、こうした質問により、適材ではなく、面接中に自分をうまく売り込める人材が見つかる結果となるのです。

 

Job interview 話し上手な人が有能とは限らない

他の候補者に比べて説得力に欠けているという理由だけで、採用に至らないケースが多いのが現状です。面接が原因で、適材を逃してしまうことがよくあります。この理由としては、面接では偏見が増幅され、歯並びが良いなど見た目に魅力があり、より社交的な人が有利になるからです。つまり、個人的に付き合いやすい人が選ばれる傾向にあるのです。

従業員に対してマナーや秩序ある行動を求める一方で、こうした事実がかなりはびこっています。仕事をきちんとこなせるだけのスキルがあるかで人材を判断すべきなのですが、さほど有能でもない人材が好まれる場合が数多くあるのです。

面接中は、仮定に基づいた質問や雑談を控え、実際の業務に関係する真面目で具体的な質問をするよう心がけましょう。

在籍中の従業員が持つ魅力的な素質を踏まえながら質問します。話し上手で外交的であるなど面接に強い人が、仕事に対する能力を備えているとは限らないのです。

Sourcing New Hires Through Employee Referral Programs

Share this on:
avatar
  Subscribe  
Notify of