Questions to Ask During Online Recruiting

Questions to Ask During Online Recruiting

オンライン上に求人広告を出すことで、御社の貴重な求人に対する優秀な人材探しが、かなり楽になるかもしれませんが、シンプルな求人広告をむやみにオンライン投稿しても、そう簡単には優秀な人材を募集および採用できません。事実、干し草の山から針を見つけ出すようなものでしょう。

優秀な人材の発掘が目的なら、デジタル世界の中で人目を引き、インパクトを与えなければなりません。幸い、問うべき適切な質問を把握していれば、インターネットを閲覧中の優秀な人材を発掘するうえで、かなり有利になります。

 

A laptop with white screen, a writing pad and a cup of coffee are はじめにやるべきことは?

まず、募集中の求人を明示して、求める人物像について記します。数多くある求人広告の中で目立つように内容を工夫します。また、御社の社風や個性を紹介することも大切です。事実、これは業務内容や応募条件を明記するのと同じくらい重要です。

あまりにも簡素で参考にならないようなオンライン求人は見向きもされません。御社の個性が光るようなユニークな求人情報を作成しましょう。業務内容、職種、企業概要、勤務地、応募条件、福利厚生、給与、連絡先情報、雇用体系を含め、詳細を魅力的に追加します。

 

トップサイトは?

求人情報に特化した有料のウェブサイトがいくつかあります。こうしたサイトを利用することで、御社の業種において、現在求職中の数多くの候補者に、確実に御社の求人広告を届けることが可能です。中でも特に有名なのは、Indeed、LinkedIn、Monster、Glassdoor、CareerBuilder、SimplyHired、Diceです。

これらの各サイトでは、候補者からの返事が直接メールで届きます。しかし、通常こうした質の良いサービスでは、料金が発生します。

価格構成および料金は各サイトによって様々です。クリックごとに課金されるものもあれば、求人情報ごとに定額料金を設定しているものもあります。場所によって料金が異なるサイトもあります。

無料サイトは節約に繋がる?

無料でオンライン求人広告を提供しているサイトもありますが、通常、閲覧できる履歴書の数や使用できる検索条件など、制限が設けられており、かなりイライラする場合もあります。

事実、無料の求人広告サイトでは、候補者に御社の連絡先情報すら提供しない場合が多くあります。そのため、無料の求人広告サービスは避けた方が良いでしょう。評判の良いウェブサイトに、質の良い求人情報を掲載することが、優秀な人材を惹きつけるコツと言えるでしょう。

See one of our previous articles on Automated Technology Growth

Share this on:
avatar
  Subscribe  
Notify of