Japans Recent Recruitment Trends

Japans Recent Recruitment Trends

現在、日本において、企業の財政状況の急速な変化に伴い、採用活動も一部変化を余儀なくされています。2008年の世界金融危機に伴う予算削減により、あらゆる企業の人事部において新規採用に対する意欲が劇的に低下してきました。

 

最も顕著な動向

これは、多くの日本企業をやや目覚めさせるきっかけとなりました。結果として、企業は日本の国外、特にアジア諸国への事業拡大に焦点を転換したからです。今、企業は人的資本の開発と労働力の多様化を模索しています。

最近の日本における最も顕著な採用動向は以下です。

  • 留学経験のある日本人学生の採用数が増加
  • 日本での留学経験がある外国人学生の採用数が増加
  • 留学経験のある外国人学生の採用数が多い

長年にわたり、留学経験のある日本人学生が労働力として重宝され、その結果、留学経験を持つ日本語を母国語とする人材を新規採用する企業が増加しました。

Online trends search conceptこうした学生は、主要なコミュニケーション能力を開発するチャンスをつかんできており、たいていの場合、英語を流暢に話せます。つまり、異文化間交流に長けているため、新興市場および受入企業においてさらに経験を積み、世界を舞台に活躍する可能性があるのです。

同様に、日本で学ぶ外国人留学生も母国語が堪能なだけではなく、企業や社会に浸透する文化を深く理解しています。就業先の日本企業によるこうした外国人留学生への期待は、かなり高いです。中国、インドネシア、タイ、ベトナムからの留学生が主に採用されています。

西洋企業や日本企業の間では、アジア市場進出の傾向が高まり、ますます多才な人材が求められています。こうした企業は、バイリンガルでグローバルな視点と地元の知識を持つ人材を新入社員として求めています。こうした企業にとって理想的な人材は、英語と地元言語を流暢に話せ、地元企業の社風に関する知識を応用できるとともに、地元市場におけるビジネス活動に精通している人材です。

日本企業では、英語力が最重要視され、多くの企業で、社内コミュニケーションがすべて英語で行われています。こうすることで、ビジネスをグローバルレベルの成長へと導こうとしているのです。英語学習に焦点を置くとともに、グローバルな視点と地元文化への理解を持ち合わせることで、競合他社をリードするための有利な切り札を手に入れようとしているのです。

Jobs in Japan – Hiring Challenges

Share this on:
avatar
  Subscribe  
Notify of